家族葬の希望が増えている理由

subpage01

葬儀はいくつかの規模に分けることができます。



大きなものでは会社の経営者や社長などが亡くなったときに行われる社葬が挙げられます。
中規模のものには故人の友人や知人以外にご近所の方々が参列する一般そうがあります。

@niftyニュース情報といえばこちらです。

そして家族や近しい親族のみで行う家族葬があります。
近年では家族葬による葬儀を希望する人が増えています。


残された遺族の希望で行うものと思っている方は多いですが、実際のところは故人の生前の希望で行う場合もあります。何故家族のみの葬儀を希望するのかというと家族葬にはいくつかのメリットがあるからです。


遺族があまり関わりのない故人の知人や遠い親戚が参列してくださると、家族のみの場合より時間的にも精神的にも負担がかかります。一番ゆっくりと故人をお見送りしたいと考えているはずの遺族が忙しくなることで、遺族にとって満足のいくお見送りにならないことも多いと言えます。


家族だけが参列するのであれば、遺族は比較的ゆったりとした時間を持つことができるため、納得できるお別れの時間になるというわけです。

このような理由から家族葬を希望する人は増えています。

また故人が希望する場合は最期は家族のみで静かに見送ってほしいから、残された家族に余計な手間や大きな費用の負担をかけたくないからという理由もあります。

ですが、故人と関わりがあった方を蔑ろにしてはいけませんので、家族葬を行う場合であっても故人がなくなった知らせは忘れずに行うようにしましょう。