葬儀の新しい形『家族葬』

subpage01

最近、家族葬が注目されていることはよく知られています。

費用面でも時間的な面にしても、残された家族の負担を軽減できるように設定されています。



費用は一般の葬儀より安く抑えることができ、故人との最期のお別れをする時間もゆっくりとることができるため、家族葬を希望する人が増えています。

T-SITEのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

近年、終活をする人も多くご自分の葬儀費用を計算して驚く人は少なくありません。少しでも安く家族の負担にならないようにと、考える人が多くなったことも注目される要因となっています。

具体的には50万円程度からが相場とされていますが、上限は人により様々なようです。


シンプルな葬儀にしたいのであれば必要最小限での装飾にするなど希望と予算を伝え、それに合わせたプランを提案してもらうと良いでしょう。

最近では、大きな葬儀や華やかな装飾の葬儀よりも、シンプルな葬儀を希望する人も多く、そういった要望に応えるように葬儀にもいろいろな形が設定されるようになりました。



葬儀と言えば、悲しんでいる時間はなく、弔問客への対応や気遣いなどで気持ちと身体の両方が疲れてしまうものですが、家族葬を行うことによって、故人との別れの時間をゆっくり過ごせるため、負担が軽減されると考えられています。

家族葬を行う場合、知らせるべき人には、訃報のほかに参列お断わりの連絡をしなければなりませんが、参列お断わりの説明の際には、ご理解いただけるような配慮が必要です。

家族葬が増えている近年では、そういったご理解をいただくことも難しくはないようです。