葬儀の費用を抑えた家族葬

subpage01

一般葬儀では、葬儀が終わるまでに100〜200万円ほどの費用が掛かり、盛大なものでは上限にはキリがありません。

故人には申し訳ないけれど、できるだけ費用を抑えたいというのが本音ではないでしょうか。



葬儀費用を安く抑えたとしても、家族に温かく見送られるのならその方が故人にとっても嬉しいものです。

家族葬は、そのような方のために考えられた葬儀の形なのです。規模は小さく、価格は安くても、故人と家族や近親者の気持ちを考え、お別れの時間をゆっくり過ごせるような形にしました。社会的に影響力を持つ方でも葬儀は家族葬で、後日「お別れ会」や「偲ぶ会」を設けて友人や知人を招き、お別れしていただくケースも増えています。
近年では、家族葬が知られるようになったため、参列者を招かないことへの理解も深まっているのです。

家族葬で送るため参列者を招かないことを知らせることによって、あとあとのお付き合いに不具合が生じないかという危惧を払拭することができますが、伝える際には義理を欠かないような配慮が必要です。家族葬は基本プランの設定がありますが、葬儀社によってその内訳に多少の違いがあります。

葬儀に必要な物品やサービスが入っていることを確認し、入っていない場合には追加する必要があります。

今、評判なのはこちらのビジネスジャーナル選びをお手伝いします。

料金設定のシステムにより、別途料金が発生することがありますので、全体でいくらになるか見積もりを出してもらうことが大切です。

大切な人を亡くしてすぐに、悲しむ間もなく葬儀を行わなければなりませんが、温かく見送ることで故人もきっとご満足されることと思います。