家族葬の注目度が高い理由

main-img

超高齢社会に伴い少子化もあり、親族の数が少なくなっていることや、社会的な立場を退いてから年月が経ちすぎてしまったことなどが、付き合いを希薄化しています。
そのため招かなければならない参列者の数もそれほど多くないのです。
家族葬でゆっくり見送ることができるのであればその方がいいということなのでしょう。



一般の葬儀では、顔を見ても「どなたかわからない」ということはよくあります。

忙しく立ち回っているうちに葬儀が終わっていたというようなことも少なくありません。


それはそれで、悲しみを一瞬でも忘れていられるので良いのかもしれませんが、後になってゆっくり見送りたかったと思うことにもなりかねません。
故人としては、家族に暖かく見送られることが一番の希望なのです。以前のように華美で費用を掛けた葬儀が立派であるような考えが、最近では変わってきています。有名無名を問わず、家族葬を行う方は増えていて、後日あらためて「お別れ会」や「偲ぶ会」を設けて友人・知人とのお別れをしてもらうという形が多いようです。
費用面で家族葬を希望する家族も少なくありません。

NAVERまとめの有益情報にあふれているサイトです。

規模的には小さくなり、参列者も招かないためシンプルな葬儀を希望することも可能です。
基本プランの内容を確認して、必要最小限の物品やサービスが含まれていれば十分という方も多いのです。



家族葬は、宗教や無宗教を問わず行えること、柔軟な対応で故人に合った葬儀ができること、加えて一般葬に比べ費用を抑えることができるということから注目されるようになったと言えます。

基礎知識

subpage01

最近、家族葬が注目されていることはよく知られています。費用面でも時間的な面にしても、残された家族の負担を軽減できるように設定されています。...

more

行事コラム

subpage02

家族が亡くなったとき、残された遺族は葬儀の準備をしなくてはなりません。葬儀を行うに当たって決めるべきことはいくつかありますが、そのひとつにどのような葬儀を選ぶかということがあります。...

more

意外な事実

subpage03

一般葬儀では、葬儀が終わるまでに100〜200万円ほどの費用が掛かり、盛大なものでは上限にはキリがありません。故人には申し訳ないけれど、できるだけ費用を抑えたいというのが本音ではないでしょうか。...

more

行事について思うこと

subpage04

葬儀はいくつかの規模に分けることができます。大きなものでは会社の経営者や社長などが亡くなったときに行われる社葬が挙げられます。...

more